料理

【やってTRY】細山和範さん『サバの味噌煮』の作り方<2020年3月15日>

サバの味噌煮

こんにちは。

2020年3月15日のやって!TRYでは、船宿割烹 汐風の大将 細山和範さん『サバの味噌煮』の作り方を教えてくれました。

細川さんのサバの味噌煮は、霜降りはせず、煮込む前にさっと両面を焼き旨みを閉じ込めます

材料と作り方を紹介していきます。

 

『サバの味噌煮』細山和範さんのレシピ

「サバの味噌煮」材料

「サバの味噌煮」材料(1人分)


サバの切り身 1切れ
しょうが(スライス)5枚
水 400㏄
酒 100㏄
田舎みそ 大さじ2
信州みそ 大さじ2
砂糖 大さじ3
しょうゆ 小さじ1
みりん 小さじ2
焼き豆腐 1/4丁
菜の花 2本
ゆずの皮 適量

 

「サバの味噌煮」の作り方

下準備をします

さばの半身を半分に切り、表面に隠し包丁を入れます。

ゆずの皮を刻みます。

菜の花をゆでます。

 

サバの味噌煮を作ります

さばに2本串を刺し、両面を焼きます。

② 鍋にを入れ沸かしたところに、①、日本酒、砂糖、しょうが、みそを溶き入れます。

しょうゆを入れ沸いてきたら、みりんと豆腐を入れ、落し蓋をして弱火で30分程煮ます。

④ お皿に盛りつけ、菜の花刻んだゆずを添えたらできあがりです。

 

まとめ

霜降りの代わりに両面を焼くことで、サバの臭みが取れ香ばしさが加わります

2種類の味噌を合わせることで味に深みが出ますよ。

ごはんにピッタリなので、タレをご飯にかけて食べてみてください・・!

 

参考になれば幸いです。
最後までお読みくださりありがとうございました♡

▼関連記事▼
*【やってTRY】孫関義さん『本格天津飯』の作り方

*【やってTRY】黒田廣昭さん『みぞれあんかけの揚げ出し豆腐』の作り方

その他、やってTRYの生地を見るときはここをクリック