常備菜

【ノンストップ!】笠原将弘さん『カジキの甘辛ダレ』の作り方<2020年5月19日>

笠原 カジキの甘辛ダレ

2020年5月19日のノンストップ「笠原将弘のおかず道場」では『カジキの甘辛ダレ』が紹介されました。

淡白なカジキを焼き、コクのある甘辛いタレに漬け込んでしっかり味に仕上げます!

常備歳として作り置きもできます。お弁当にもおすすめです。

材料と作り方をまとめます。

 

『カジキの甘辛ダレ』笠原将弘さんのレシピ

「カジキの甘辛ダレ」の材料

「カジキの甘辛ダレ」の材料(2人分)


カジキ(切り身)2切れ
スナップエンドウ 6本
長ねぎ 1/4本
大根 1/12本(75g)
サラダ油 大さじ1
しょう油 大さじ3
みりん 大さじ1と1/2
酒 大さじ1と1/2
ざらめ(または砂糖) 大さじ1と1/2

 

「カジキの甘辛ダレ」の作り方

カジキをひと口大に切ります。

サラダ油を熱し、カジキスナップエンドウの両面をこんがり焼き、バットに取り出します。

 

yumi
yumi
まわりに出た油は拭いておきます。

 

③ 鍋にしょう油、みりん、酒、ざらめを入れ、中火でひと煮立ちさせます。

④ ③にみじん切りにした長ネギを加えてタレを作ります。

⑤ タレに②を漬け込み味をなじませます。

⑥ カジキとスナップエンドウを器に盛りタレをかけます。大根おろしを添えたらできあがりです。

 

 

新潟のシャケの焼き漬けのアレンジレシピです。すぐ食べてもおいしいけれど、漬け込んだものもおいしく食べられます。

ざらめを使うことで上品なコクが出ます。

yumi
yumi
ウナギ屋さんや焼き鳥屋さんのタレにも隠し味としてざらめが使われているそうです。

常備菜に最適です。冷蔵庫に入れれば4~5日ほど日持ちするそうですよ^^

 

最後までお読みくださりありがとうございました♡

 

▼関連記事▼
笠原将弘さん『鶏モモの香味焼き』の作り方<2020年4月28日>

笠原将弘さん『アスパラの塩ミートソースパスタ』の作り方<2020年4月14日>

その他、笠原将弘さんのレシピを見るときはこちらをクリック

ノンストップで紹介されたレシピを見るときはこちらをクリック