料理

【やってTRY】片岡護さん『はまぐりのクラムチャウダー』の作り方

片岡護 はまぐりのクラムチャウダー

こんにちは。

2020年2月23日のやって!TRYでは、イタリアンレストラン「リストランテ アルポルト」のオーナーシェフ 片岡護さん『はまぐりのクラムチャウダー』の作り方を教えてくれました。

片岡さんのお店ではクラムチャウダーを作るとき、あさりではなくはまぐりを使っているそうですよ。

このレシピはフルーツトマトを加えて旨みをアップさせます!

とっても贅沢なクラムチャウダー!の材料と作り方を紹介していきます。

 

『はまぐりのクラムチャウダー』片岡護さんのレシピ

「はまぐりのクラムチャウダー」材料

「はまぐりのクラムチャウダー」材料(3人分)


はまぐり 4個
白ワイン 50㏄
水 50㏄
バター 15g
ベーコン 15g
玉ねぎ 1/4個
セロリ 1/4本
にんじん 1/6本
じゃがいも 1/2個
小麦粉 大さじ1
牛乳 100㏄
生クリーム100㏄
フルーツトマト 1/2個
菜の花 2本
パセリ 少々
こしょう少々

 

「はまぐりのクラムチャウダー」作り方

下準備をします

はまぐりの砂抜きをします。

はまぐりの砂抜き

・ボウルに3%の塩水を作り、ボウルより一回り小さなザルにはまぐりを入れます。
・アルミホイルをふわっとかけ、2~3時間冷蔵庫に入れます。
・はまぐりをザルごとあげ、殻と殻をこすり合わせるようにして洗います。

玉ねぎ、セロリ、にんじん、じゃがいもを小さな角切りにします。

ベーコンを小さな角切りにします。

トマトをさいの目切りにします。

菜の花を塩ゆでして、細かく切ります。

 

 

「はまぐりのクラムチャウダー」を作ります

① フライパンに水と白ワイン、はまぐりを入れ、蓋をして口があくまで火にかけます。(はまぐりの口があき、火が通ったら火を止めます。)

② 別のフライパンにバターとベーコンを入れ、バターが溶けきるまで炒めます。

 

yumi
yumi
バターが焦げないように、バターのあとすぐにベーコン入れます。

 

③ ベーコンの香りが立ったら、玉ねぎ、セロリ、にんじん、じゃがいもを加え、15~20分炒めます。

④ ③に小麦粉を入れて弱火で炒めます。粉っぽさがなくなったら牛乳を加え、ダマにならないようによく混ぜます。

生クリームを加えよく混ぜます。

⑥ ⑤に①の汁を少しずつ加え混ぜます。

トマトを加え混ぜます。

⑧ はまぐりの身をはずし、食べやすい大きさに刻みます。

⑨ ⑧を⑦に混ぜ、菜の花を入れます。

塩とこしょうで味を調え、皿に盛りきざんだパセリを散らしたらできあがりです。

 

 

貝の旨みだけの濃厚なクラムチャウダーができあがります!

片岡シェフははまぐりを使っていましたが、もちろんアサリでも作れます^^

「イタリアンの巨匠」と呼ばれる片岡さんのレシピ。是非挑戦してみてくださいね!

 

最後までお読みくださりありがとうございました♡