料理

【ハナタカ】たいめいけん 茂出木シェフが教える『フワフワ卵のオムライス』<2020年1月30日>

ハナタカ フワフワ卵のオムライス

東京日本橋はオムライスの激戦区。2020年1月30日のハナタカ優越館では、激戦区で人気のオムライス専門店のワザが紹介されました。

好成軒さんと食工房あらじんさんは『卵をトロトロにする技』を、そしてオムライスの名店たいめいけんさんは、『ふわふわ卵のオムライス』の作り方を教えてくれました。(←太っ腹!)

どのお店も、家庭とはちょっと違うワザを使っているようです。

これはどうしても覚えたい(嬉)

さっそくまとめていきたいと思います。

 

卵をトロトロにする専門店のワザ

好成軒さんと食工房あらじんさんが教えてくれたのは「卵をトロトロにする」技です。

好成軒さんのワザ

好成軒さんは卵に「牛乳」を混ぜているそうです。

 

食工房あらじんさんのワザ

あらじんさんは卵に「生クリーム」を混ぜているそうです。

 

専門店は卵をトロトロにするため「乳製品を使う」という共通点があるようでした。

yumi
yumi
乳製品を入れることで卵が固まりにくくなり、卵がとろとろになりやすいのだそうです。

 

たいめいけん『フワフワ卵のオムライス』を作る4つのワザ

たいめいけんの茂出木浩司シェフが教えてくれたのは「フワフワ卵のオムライス」です。

おいしくオムライスを作る4つのワザを紹介してくれましたよ♪

 

【裏技その1】 卵をふわふわにするためには「炭酸水」を使う!

卵を混ぜる時、ふわふわにするために「炭酸水」を使えば、炭酸の気泡が入りフワフワになります。

フワフワ卵の黄金比

卵(Mサイズ)3:炭酸水 大さじ1

混ぜるときは菜箸ではなくホイッパーがおすすめ。空気を入れながらふんわりと混ぜます。

 

yumi
yumi
黄身と白身は固まる温度が違います。ホイッパーで細かく混ぜることで口当たりがよくなります

 

【裏技その2】フライパンの選び方で卵がおいしくなる!

専門店がおすすめするのは「小さめのフライパン」

大きいフライパンを使うと卵が大きく伸びてすぐに固まってしまいます。小さいフライパンを使えば卵が伸びないので、半熟のおいしい卵が作れます。

 

【裏技その3】鶏肉にドレッシングを使うとプロの味になる!

鶏肉に「ドレッシング」を塗り、よく揉み20分くらい置いてから使います。

そうすることで下味がつきプロの味に仕上がります。ドレッシングは、ケチャップとの相性がいい和風ドレッシングがおすすめです。

 

yumi
yumi
これはたいめいけんで実際に使っているワザだそうです!

 

【裏技その4】ケチャップを入れるタイミングでおいしさUP!

チキンライスはべちゃべちゃになりやすいので、ケチャップを入れるタイミングが重要です。

ケチャップを入れるタイミング

具材 → ケチャップ → ご飯

ごはんの前にケチャップを入れると、ケチャップが液状になり、ごはんに混ざりやすくなります。

 

 

チキンライスを卵で包むのが難しい人は、卵をオムレツ状にしてオムライス上にのせ、開いてあげると簡単できれいなオムライスができるそうですよ^^

 

yumi
yumi
ソースを市販のデミグラスソースにするときは、ビターチョコを適量入れると、味が引き締まり、コクのある抜群においしいソースができるそうです。

 

うちは家族みんなオムライスが好きなのでよく作ります。

いつもケチャップ味ばかりなので、ビターチョコを入れたデミグラスソースのオムライスをぜひ食べてみたいです^^

 


今すぐ取り入れたいワザばかり!!(嬉)すごく勉強になりました!

参考になれば幸いです。
最後までお読みくださりありがとうございました♡