料理

【ノンストップ】坂本昌行さん『新ゴボウのきんぴら春巻き』の作り方<2020年5月8日>

坂本昌行 新ゴボウのきんぴら春巻き

2020年5月8日のノンストップ!「坂本昌行のOne Dish」のコーナーでは、『新ゴボウのきんぴら春巻き』が紹介されました。

ゴボウとごまの香り豊かなきんぴらを、春巻きの皮で巻き「特製たれ」でさっぱりといただきます。

ご飯にもお酒にもピッタリ!柔らかく香りが良い新ゴボウは、食感と風味を楽しむため皮をむかずに使いますよ^^

材料と作り方をまとめます。

 

『新ゴボウのきんぴら春巻き』坂本昌行さんのレシピ

「新ゴボウのきんぴら春巻き」の材料

「新ゴボウのきんぴら春巻き」の材料(2人分)


新ゴボウ 100g
にんじん 1/4本
豚バラ薄切り肉 80g
ゴマ油 大さじ1/2
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
春雨(乾燥)20g
すりごま(白)大さじ2
春巻きの皮 6枚
揚げ油 適量

<特製たれ>
酢 大さじ2
一味唐辛子 小さじ1/3

 

「新ゴボウのきんぴら春巻き」の作り方

下準備をします

新ゴボウは良く洗い皮ごと細切りにします。

にんじんも細切りにします。

豚肉を2㎝幅に切ります。

春雨を水で戻し、半分に切ります。

 

新ゴボウのきんぴら春巻きを作ります

① フライパンにゴマ油を熱し、新ゴボウにんじんを炒めます。

② 野菜がしんなりしてきたら、豚肉を加えて炒めます。

③ 肉の色が変わったら、酒、みりん、しょうゆ、春雨を入れて炒めます。

④ 汁気が少なくなったらすりごまを加えます。

 

yumi
yumi
すりごまに汁気を吸わせて、うま味を閉じ込めます。

 

⑤ 全体に味がなじんだら、バットに移し粗熱を取ります。

春巻きの皮に⑤をのせ、端からくるくる巻いて包みます。巻終わりは水溶き小麦粉で止めます。

水溶き小麦粉の作り方

小麦粉(小さじ1強)水(小さじ1)を混ぜます。

170℃に熱した油で4分程揚げます。

⑧ 春巻きを油で揚げている間に特製タレを作ります。

特製タレの作り方

一味唐辛子を混ぜ合わせます。

⑨ お皿に春巻きを盛り、特製タレでいただきます。

 

 

 

新ゴボウの皮は、手かタワシでゴシゴシこすって汚れを落とします。

ゴボウ独特の香りやポリフェノールのクロロゲン酸は皮の近くにあるので、あまりこすりすぎないように注意します。

切った後水にさらすと栄養が溶けだしてしまうので、水にはさらさず、そのまま調理しましょう。

 

最後までお読みくださりありがとうございました♡

▼関連記事▼
坂本昌行さん『ソラマメもんじゃ』の作り方<2020年5月1日>

坂本昌行さん『タレカツサンド』の作り方*つけダレにママレード!<2020年4月24日>

その他、ノンストップで紹介されたレシピを見るときはこちらをクリック