料理

【教えてもらう前と後】『ホットバナナジュース』の作り方*レンジで超簡単に免疫力UP<2020年3月3日>

ホットバナナジュース

2020年3月3日の教えてもらう前と後では、この時期食べたいキング・オブ・フルーツ「バナナ」を使った『ホットバナナジュース』が紹介されました。

とにかく抗酸化力が高く、体や肌の老化を防ぐことが知られるバナナ。そのパワーはあらゆる果物や野菜の中でもトップクラスです。

ホットバナナジュースはミキサーも使わずにできる超簡単レシピです。

番組では「バナナを食べるのにおすすめの時間」や「バナナの保存法」も紹介されたのでそれぞれまとめたいと思います。

 

『ホットバナナジュース』の作り方

「ホットバナナジュース」材料

「ホットバナナジュース」材料(1人分)


バナナ 1本
牛乳 150ml
しょうが(すりおろしたもの) 小さじ半分程

 

「ホットバナナジュース」の作り方

バナナを皮ごとレンジに入れ、600Wで2分半加熱します。

② スプーンでバナナの身をはがしとります。

 

yumi
yumi
皮の筋に栄養がたっぷり詰まっています!残さずはがしてくださいね

 

牛乳を入れ、再び混ぜます。

④ ③にしょうがを入れ混ぜます。

⑤ 再びレンジ600Wで1分温めればできあがりです。

「しょうがの保温効果」+「バナナの食物繊維」で腸が活性化され、便秘解消や美肌効果が期待できます。

 

ホットバナナの健康効果とは

バナナは温めるとクラフトオリゴ糖が増えます

オリゴ糖をエサにする善玉菌も増えることから、腸内環境の改善と免疫力UPにつながるのです。

 

バナナを食べるのにおすすめの時間とは

腸には、活発に動くゴールデンタイムがあります。それを効果的に摂り入れられるのが夕方5時にバナナを食べる「夕方5時バナナ」です。

腸のゴールデンタイムはPM10:00~AM2:00です

夕方5時にバナナを食べると、消化吸収が穏やかになり整腸作用のUPが期待できます。

夕食前に食べることで無理なく食事制限もでき、ダイエット効果も期待できます。

 

yumi
yumi
無理なく太りにくい健康的な体を手に入れることができるのはうれしいですね♪

 

バナナの保存法

バナナを保存するときは山型に置きましょう

バナナの保存法
バナナを仰向け(谷型)に置くと、房全体の重みで接地面が傷みます。

バナナは接地面が減る山型に置くのがベストです。

 

 

ホットバナナジュースにすれば、栄養面&甘さもアップします。

いいとこどりですよね・・♪

免疫力UPと共に大切なのが、適度な運動、質の良い睡眠、思いっきり笑うことです。

毎日の生活を大切に、この大変な時を元気に乗り切りましょう。

 

参考になれば幸いです。
最後までお読みくださりありがとうございました♡
 

▼関連記事▼
*【教えてもらう前と後】『カマンベールのトリプル発酵鍋』の作り方